中川区の塾|小学生の英語が教科化されます

 2020年の学習指導要領の改訂により、小学5,6年で英語が教科となります。

 今までは、「話す」「聴く」という技能についての「外国語学習」と位置付けられていましたが、「書く」「読む」という技能が加わり、英語の4技能を使った1教科となると言われています。

 具体的には、英単語の数としては600~700語を学習することになります。

 どの世代にどんな影響が出るのかを考察していきたいと思います。

1.現在の5年生以上の学年は危機感を持つべき

 来年度から本格的に教科としての英語教育が始まるということは、その英語教育が受けられなかった世代への大きな打撃となります。なぜかというと、社会に出たら競争相手は同じ学年だけではないからです。

就職氷河期世代を「失われた世代」と言われることがありますが、小学英語教育が受けられなかった世代が後に「教育の失われた世代」と呼ばれる可能性があります。

2.改革とは後になるほど洗練されていく

英語教育が始まるからと言って、いきなり最高レベルの教育ができるわけではありません。プログラミング教育についても同じことが言えますが、だれでも最初は手探りでやりながらコツをつかんでいくものです。後になるほど、カリキュラムの内容・教える技術が洗練されていくことは間違いないでしょう。

3.語彙力はどこまで向上するのか

 先に述べた英単語600~700語をどのように覚えさせていくのか、現実としてどれくらい覚えられるのかという問題があります。現行の中学校目標語彙数が1200語と言われているので、小学校の2年間で半分かそれ以上のことを覚えるということになります。授業数をどれだけ確保するのかにもよりますが、かなり難しく思います。

4.先取り学習は4年生から

 英語に限った話ではないですが、最初に苦手意識を持ってしまうとそのまま苦手を引きずってしまうという傾向があります。現在、当塾の小6生の中には英語を先取り学習する生徒が多くいます。同じような流れになると小4生での先取り学習が増えてくると思います。

 

 

 

2019年05月20日