中川区の塾|修学旅行|学習習慣

中学生

昭和橋中の中間テストが一昨日終わり、当塾ではとりあえず一段落というところです。

ですが、期末テストは6月19日(水)から始まるので、気を抜くわけにはいきません。

特に中3生は修学旅行が間に入ってくるので、気持ちの立て直しに力を注ぐことが重要です。

なぜなら、習慣が一度途切れてしまうからです。

1.よい習慣を取り戻すことにはエネルギーがいる

不登校が増える時期はどういうときかというと、連休明けです。

具体的には、ゴールデンウィークや夏休みといった長期休暇後です。

なぜかというと、いやなことでも習慣になっていると継続できるからです。

逆に、習慣を一度途切れさせてしまうと、習慣を取り戻すために、それまで以上のエネルギーが必要になります。車が動くときに動き始めが一番パワーを使うのと同じことです。

勉強習慣は早い生徒であれば3日で抜けます。

2.修学旅行最終日は必ず勉強する

勉強習慣が抜けたまま、期末テストを迎えると本当に悲惨なことになります。

まだ、実感できていない生徒も多いのですが、1学期の成績は受験を左右します。2年生の時のような気持ちでいると周りとの差はどんどん開いていき、夏休みが終わるころには手の届かないところまで差をつけられます。

夏休みに受験勉強を頑張るためにも、1学期を良い成績で終わらせることは大切です。

修学旅行最終日は、家に帰ってきているので、その日は5分だけでもいいので勉強しましょう。

2019年05月23日