ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

中川区|当塾が安い理由

個別指導塾の中で、当塾がダントツに安い理由について書いていきます。

月会費(校舎管理費)がない

塾安い

当塾では授業料以外に毎月かかってくる費用はありません。

多くの個別指導塾では、授業料以外に月会費(名称は塾によって異なります)がかかってきます。2,000円から3,000円くらいのところが多いようです。この金額が何のために徴収されているのかについての個人的な考察ですが、授業料を安くみせる効果を狙っているのだと思います。

例えば、週1回で12,000円を徴収したいのであれば、授業料9,000円・月会費3,000円と割り振って、チラシやホームページに週1回9,000円と表記すればいいことになります(法的に問題があるかどうかはわかりませんが)。実際、ホームページに月会費等の存在を伏せている塾は結構見かけるので、塾選びをするときは月会費等の授業料以外でかかってくる費用がどれくらいなのかをあらかじめ聞くことをおすすめします。

個別スタディでは、月会費等の何のために徴収されるのかわからない費用はいっさいかかってきません。光熱費などの校舎運営側の負担すべき費用をお客様に対して負担を強いるべきではないからです。

受験対策が安い

理科・社会の暗記が大切な教科に関しては、映像授業で対応しています。個別指導だけですべての教科を対応しようと思うと、どうしても費用がかさみます。そもそも勉強とは自分自身で行うものであり、塾はあくまでも補助的な役割をしています。自分でできることは自分でやり、わからないところを塾で質問するというのが最も効率の良いやり方です。そのためには、独学することに慣れ、自分でドンドン問題集を進めていかなければなりません。当塾の映像授業は、映像+問題演習となっています。勉強は質も大切ですが、量をこなすことも同じくらい大切です。夏期講習期間中に理科社会のすでに学習した単元は終わらせるように指導しています。

テスト対策講座が毎回無料!

定期テストごとにテスト対策講座を2回行っています。ポイントとなる問題の演習がメインとなりますが、学校のワークなどでわからないことを聞くこともできるようにしています。

 

 

2019年11月24日

中川区の塾|当塾で成績が上がる理由

テスト上がる

中間テストの結果が続々と返ってきています。成績が下がってしまった生徒も中にはいましたが、ほとんどの生徒(9割くらい)は成績アップできていたのではないかと思います。

 中2では数学のクラストップが2名(4クラス中の2名なので半分を独占)でそのうちの一人は100点でした。そのほかでは数学と英語がともに30点以上アップ(2科目合計で60点アップ)した生徒もいました。春に新規入会した中で成績が下がった(点数が落ちた)生徒はいなく、平均すると数学30点アップ、英語15点アップはしたのではないかと思います。

今回は、なぜここまでの成果が出せるのかについて解説していきます。

独学する時間をつくることで独学力を身につけたから

当塾のシステムは、授業時間50分演習時間40分の計90分となっています。演習時間というのは生徒自身でその日やった授業内容を復習する時間となっています。ここで、「自分でやるのであれば家でやるのと変わらないではないか」と言われるかもしれませんが、実はおっしゃる通りなのです。ですが、家で適切な量の勉強をできるのであれば、そもそも塾に通う必要はないです。勉強とは自分で考え、自分で問題が解けるようにならないと意味がありません。

そのほかに映像授業(理科・社会)にも力を入れています。テスト前に80分×6回で月謝は1000円とリーズナブルです。ここでも、映像を見終わった後に問題演習をすることで独学力を鍛えています。もちろん暗記科目とはいえわからないことは出てくるので、そこに関しては無料のテスト対策講座で対応しています。

他の個別指導塾で成績が伸びない理由

よくある個別指導塾の授業形態は80分、1対2です。大手個別指導塾の社員だったときの経験からいいますと、80分のうちで勉強とは関係のない話をしすぎなのだと思います。個別指導塾の講師は学生アルバイトがほとんどなので、保護者の方が支払っている月謝の重みを理解していません。なので、雑談をすることになんの罪悪感も感じていない方が多くいます。また、担当の教室長も若く経験が浅い方が多いので、しっかりと講師の指導ができていないことがあります。勉強がおもしろいと雑談がおもしろいは話が違います。塾でよくしゃべる子ほど成績が上がりません。

当塾は、各学年で定員(12名)を設けている少人数の個別指導塾です。私が指導している近くでほかの先生も指導しますので、無駄話をすることができません。それに、50分間で教え切らないといけないので、そんな余裕もありません。結果として、効率の良い指導ができ、問題演習量も十分とれるので成績が上がります。

2019年11月25日

中川区|おすすめの勉強法|塾ブログ

中間テストが終わって一段落といきたいところですが、6月19日(水)から期末テストが始まるのですぐに対策を行っていかなければなりません。そこで、今回は成績をアップさせた生徒がどうやって上げることができたのかについて書いていきます。

伸びしろがある生徒は9割

おすすめ

モチベーションを高く維持し続けるためには、成績を上げなければなりません。その成績を上げることが難しいから苦労しているんだとおっしゃるかもしれません。でも、実際指導してみると「この子結構簡単に成績上がるかも」と思える生徒は結構います。私の感覚の話になってしまいますが、伸びしろ限界まで勉強している生徒は1割程度だと思います。つまり、9割はまだ伸びる可能性があります。

今は格安で勉強できる時代

 インターネットの普及により、子供の勉強方法が劇的に変わってきました。その最たるものが動画コンテンツです。今は無料のYoutubeでも良質なものがありますし、学習塾で映像授業を取り扱っていない塾は少数となってきました。「無料(または安い)だから、悪いものに違いない」という考えはよくなくて、結局はどう使うかが重要です。大多数の生徒に足りていないものは単純に勉強量です。安価な映像授業で勉強時間を確保すればその分成績向上します。現に当塾で映像授業をとっているほとんどの生徒は、受講前よりも成績が向上しています。

当塾の映像授業

受講科目は、理科・社会で、テスト前に80分6回の授業を行います。月謝は税込で1,000円です(ただし、映像授業のみの受講は出来ません。)。映像を見終わった後、教科書に準拠した問題演習を行うので定期テストに合った対策を行うことができます。また、当塾ではテスト前の日曜日に無料テスト対策講座を行っているので、映像授業でわからないことがあっても日曜日に質問をすることができます。

映像授業のメリット

実際、「映像を観る」だけでは成績は上がりません。なぜなら、「映像を観る」というのはインプットという作業であり、成績が上がるのはいかに効率的にアウトプットするかにかかっているからです。

授業料と成績向上は比例しない

多くの方が勘違いされているのが、「高いものはいいもの、安いものが悪いもの」と考えている点す。その論理で行くと、当塾は悪いものに該当してしまいます。ですが、当塾の生徒のうち9割は入塾前より成績が上がっています。よくチラシで「30点以上アップ!!」みたいな記事をよく見ますが、当塾にはチラシに載せきれないくらいいます。ですので、授業料と成績向上には相関関係はほとんどありません。成績向上と比例関係にあるのは勉強量です。重要なことは、いかに適切な勉強量をする環境を整えるかです。

2019年11月30日

中川区|個別塾選びのポイント

塾選び

 塾選びをすることで、成績を上げる仕組みがあるのかどうかを見分けるポイントについて説明します。個別指導の塾に関しては、同じ看板の塾でも担当者(室長・教室長・塾長など)によって成績の上がる塾か下がる塾かが決まってきます。なぜかというと個別指導塾のほとんど(おそらく99%以上)は担当者以外の先生が学生だからです。学生だから悪いという意味ではなく、講師が学生である以上、成績を上げる仕組みは担当者が叩き込まないといけないということです。仕組みの叩き込みができるかどうかは担当者の能力に左右されます。なので、経験の浅い担当者の場合は、成績が上がらない可能性大だと言えます。

ほめて伸ばすは差別化にならない

「ほめて伸ばす」「とにかくほめる!」この手のワードは危険信号です。「ほめる」というのは個別指導塾では普通のことなので、ほめることを前面にアピールするというのは裏を返すと中身空っぽと同義です。

担当者がコロコロ変わる塾は危険

 担当者が1年、2年で変わるの塾は成績が上がらない塾といえると思います。なぜならば、個別指導塾のほとんどは定期テスト対策が売りであること、つまり近隣中学校の定期テストに詳しいことが求められます。「この先生はこういった問題を出す」「この学年の数学の先生の進度が遅いから、こういった対策が必要です」など学校の先生に詳しいとよりよい対策ができるのです。なので、1年、2年で担当者が変わっていてはノウハウがいつまで経っても蓄積されず、成績の上がらない塾を生み出してしまうのです。

2019年12月21日

昭和橋中学校|2年|期末テスト|成績向上

成績向上者

先週期末テストも終わったので、テスト分析と成績向上結果のご報告をします。まだ全員の結果はわかっていませんが、おおむね点数は上がっているようでした。中でも、成績が上がった生徒は、入塾前と比べて数学36点UP(90点)英語44点UP(95点)という素晴らしい結果でした。全員は書ききれませんが、2年生はほとんど成績向上していました。

英語

英語に関しては、テストを作成した先生が中間テストの時とは違ったようで、どうやら現在1年生をメインで担当しているN先生が作ったようです。昭和橋中の英語は、担当の先生でかなり難易度に落差があり、1年生(N先生)が簡単、2年生(O先生)は普通、3年生(I先生)が難しいという印象です。なので、今回はすごく簡単だったのではないかと思います。今までのテストを見返してみると、確認テストがN先生、中間テストがO先生、期末テストがN先生が作成しているので、次回の学年末テストははO先生が作る可能性が高いです。内容としては標準的なテストになると思うので、文法事項、連語表現を繰り返し対策をしていけば特に問題はないかと思います。

2019年12月03日